033:鍵(久野はすみ)

どのドアも朽ちてしまってアンティークショップに並ぶ真鍮の鍵
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 17:10

032:上海(久野はすみ)

上海へ 奮うこころを押さえつつ博品館の前に立ちにき
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 16:39 | 投稿歌

031:寂(久野はすみ)

うまい棒ぼろぼろこぼれ寂しいか 真夜のデスクに片肘をつく
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 16:21 | 投稿歌

030:政治(久野はすみ)

ドアゆえに人を拒まず政治家の名刺一枚はさまれている
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 15:38 | 投稿歌

029:草(久野はすみ)

ふぁふぁふぁんと鳴るハモニカのあとをつけ草原へゆく草原は秋
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 15:15 | 投稿歌

028:おたく(久野はすみ)

おたくさまはどなたさまかと問う人がいてああここもまた煙の匂い
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 14:47

027:嘘(久野はすみ)

めくってもめくってもまた嘘をつく日めくりの紙のこのうすっぺら
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 13:01 | 投稿歌

026:垂(久野はすみ)

垂直かそうでないかは別にして墜ちているのは本当だろう
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 12:46 | 投稿歌

25:とんぼ(久野はすみ)

末っ子を「おとんぼさん」と呼ぶ母の毛布につける紅いビロード
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 12:39

024:牛乳(久野はすみ)

さりながらさよならと鳴る空き瓶を牛乳箱へ落とし込む朝
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 12:19 | 投稿歌