023:結(久野はすみ)

結ばれてかなしい夢を見ているか夏の日暮れの蜻蛉ががんぼ
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 11:51 | 投稿歌

022:レントゲン(久野はすみ)

ゆがんでもふたたび戻る漆黒を袋にしまうレントゲン技師
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 11:25 | 投稿歌

021:美(久野はすみ)

憎らしい口を抓れどはるかはるか耽美の淵にこしかけるひと
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 11:12 | 投稿歌

020:信号(久野はすみ)

信号機今宵やさしく瞬いてひとを蔑したわたしを照らす
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 10:56 | 投稿歌

019:雨(久野はすみ)

通過する列車の窓の明るさにうつむいて切る、雨のしずくを
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 09:20

018:スカート(久野はすみ)

重たいといえば重たいひざの裏またスカートの裾が掠めて
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 08:56 | 投稿歌

017:医(久野はすみ)

うつくしき歯と歯茎よりうつくしき言葉いずると口腔医師は
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 08:42 | 投稿歌

16:せせらぎ(久野はすみ)

翡翠の骸ながれるせせらぎにきみは両手をひたす、肘まで
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 08:38 | 投稿歌

015:秘密(久野はすみ)

黒蜜の匙をふくめば秘密めく彼と彼女とわたくしの午後
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 07:59 | 投稿歌

014:刻(久野はすみ)

後悔はデッサン室にかがやいて片羽をひらく彫刻の鳥
[PR]
# by hasumi-k | 2006-10-31 07:56 | 投稿歌